香りを楽しむ!アロマやお香で大人の生活を満喫しませんか!

お香やアロマキャンドルなどは香りを楽しむだけではなく眺めるという意味でも、大人のインテリアとして楽しめます。日常生活にちょっと香りを加えるだけで一味違った雰囲気が味わえます。

お線香の歴史

我が国のお香の始まりは6世紀、仏教とともに渡来したとされています。その芳香で場を清めると考えられ、仏事・神事・宮中行事でも使われるようになりました。

現在の形のお線香は、江戸時代に中国から製法が伝わり、使いやすいことで広く普及しました。香木と漢薬、タブノキなどを練り上げて作り、原料やその比率で、それぞれのお線香の特長的な香りが決まります。

香木は、白檀・沈香・伽羅などで、東南アジアの特定の植物が、内部に結んだ樹脂を切り出して乾燥させたもので、同じ種類の植物でも必ずしも香木が取れるとは限らず、まさに自然界からの贈り物です。

実は最近ではお線香をお供えするためではなく、自分のリラクゼーションを目的として利用する人もいます。

お香はよくリラクゼーションの目的で利用される事が多いのですが、お線香にもたくさんの香りの種類があり、いろんな物が発売される様になりました。

お線香とお香は原料においても、作り方においてもとても似ています。お線香はお供えなど日常生活などでもよく使われます。

そのため、使いなれている人も多く、使いやすいのかもしれません。
折って使用すると燃焼時間を調節する事もできます。